入退室管理システム|
入退室管理システム

入退室管理システムとは

厳重なセキュリティが要求される場所には、静脈等の生体認証システムとの連携やアンチパスバック機能(入室していないカードでは退室出来ない、逆に退室していないカードでは入室出来ないという機能)の設定が可能です。必要に応じてワンランク上の高付加価値セキュリティを選択・導入する事ができます。
また、管理サーバーでは入退室履歴の保持、参照はもちろん、セキュリティレベルに応じた入退室権限の設定・変更も容易に可能です。
守るべきスペースのグレードに応じて、アンチパスバック機能や2名照合機能(重要エリアには1人では入室出来ず、必ず2人で入室する)など、さまざまな機能を使った入退室管理が可能です。


入退室管理システムでは、いつ誰がどこに入退室したかの記録が全てパソコンに記録されるため、盗難防止はもちろんトラブル時の後追い調査や内部犯行の抑制にも効果的です。

 

入退室管理機器紹介

非接触ICカードシステム
非接触ICカードシステム

扉付近に設置したカードリーダーにワイヤレスICカードを近づけるだけで、無線交信により即座に個人識別し、電気錠を解錠します。カードリーダーに差し込む手間が不要です。

ICカード
ICカード

MIFAREカード、FeliCaカード(スイカ・パスモ等)、HID等多種類の非接触ICカードに対応します。 

生体認証
生体認証

静脈、指紋、虹彩、顔、掌形など用途にあわせお選びいただけます。

入退室管理サーバー・制御器
入退室管理サーバー・制御器

CCURE800をはじめ世界的なネットワークを組める大規模システムから、1ドアの小規模まで数多くの実績があります。